美味いので

農家のおじさんからほぼ毎日買ってきます。

近くのスーパー数軒で探しましたがどこにもなく、

紅菜苔です。

珍しいからではなく美味しいから。

秋にタネを播くことにします。

 

もう直、白子の玉ねぎが出回りますね。

 

これは、終盤でしょうか。

長生の葉玉ねぎ。

スーパーで買います。

 

ネギとニラの交配種の株も注文しました。

スーパーにないので育てることに。

 


スーダベリカム

海外種子

pseudibericum forma Roseum より

roseumと言うより、むしろalbum

P3170024.JPG

 

P3170023.JPG


春ですねえ

ウグイスがさえずり、野生のたぬきが家の前を歩く

季節になりました。

最近は川鵜も良く見られます。

 

P3150008.JPG

P3150011.JPG

 

P3150012.JPG

 

P3150021.JPG

 

P3060001.JPG

P3150017.JPG

 

P3150019.JPG

 

P3150020.JPG


メールのやり取りも一段落して

日本から英国にシクラメンのタネを送るのに

植物検疫証明書は必要ないのですが

逆の場合は相手方に手続きを行っていただく必要が

あるわけで。

 

とりあえず、

のんびり眺めています。

 

まだ、これから咲かせようとしている株も

P3040010.JPG

 

咲き始めた株もありますが、

サイトも品が溢れてしまっているので

今期はここまでとして

P3040004.JPG

 

P3040006.JPG

 

ストライプがもっと、はっきりすると良いですね。

P3040001.JPG

 

P3040009.JPG

 

いい色模様。

P3040015.JPG


小さな苗ですが

2016年にサイトに載せた株ですので

それなりに栽培年数は経過しております。

162367-1.JPG

 

4192-1.JPG

 

4213.JPG

 

4212.JPG

 

4192.JPG

 

4013.JPG

 

こちらはヘデリフォリウム’スターゲイザー’です。

昨年4月にタネを播き11月に植え替えしたものです。

種によって、生長の差が歴然です。

それでも、やはりクレチカム、ロディウムのタネを

播いてしまうものです。

P3020003.JPG

 

P3020002.JPG

 

 


冬咲き種から春咲き種へ

コウムはタネを巻き始め、

 

スーダベリカムは咲き始めました。

 

 


最近、白花と言える株が少なくなって

この株もピンク〜薄紫色が多少入り、

典型品ではないのですが。

 

 


寒冷紗徐々に設置しています

気温の上昇とともに陽射しも強くなり、

日除けの寒冷紗を一部の温室上部に設置しました。

店と自宅はこれからです。

 

コンフューサム

P2230028.JPG

 

P2230027.JPG

 

P2230026.JPG

 

P2230025.JPG

 

P2230024.JPG

 

 

 


咲き始め

スーダベリカム ロゼウム

 

 

リバノチカム

 

今日掲載のコウム

 

掲載中のコウム

 

葉色が良さげ

 

このような花も

 

 

 

 


コウム終盤

コウムはほとんど出し終えて

 

サイト掲載がこちら

 

赤系の絞り花

 

絞りの美しい花

 

一般的な花色のようですが

 

このような花で

 

葉はピューターリーフ。

6〜7年掛かって、ようやく。

 

ピンク花

 

ツリー模様がきれいです。

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM