チュウリップの植え付け

早朝に、チューリップを植え付け。

とりあえず、9トレイ。あまり陽の当たらない温室に。

 

肥料は、ようリンを多少混ぜて、あとは、

まあ、適当に。

根が出る頃に化成肥料を乗せて。

今度は、何を植えるか。

 


今晩掲載の品

コルチカム

 

エレガンス

 

ヘデリフォリウム’フェアリーリングス’

 

ヘデリフォリウム

 


早いですね

PC120005.JPG

 

PC120007.JPG

 

PC120010.JPG

 

我が家のコウムは

PC100009.JPG

 

PC100008.JPG

 

PC120016.JPG

 

PC120014.JPG

 

13日は出掛けますので日中は不在になります。

 


ペルシカムhyb×ローフシアナム

今はサイトに載せていませんが、

きれいな花です。

とりあえず、自宅の温室に置いています。

PC050035.JPG

 

PC090003.JPG

 

葉はこのような模様

PC050034.JPG

 

こちらはこのような花で

PC090002.JPG

 

葉は、このような模様

PC050033.JPG

 

 

 

 


コンフューサム

コンフューサム MELJ(さん)

もう1年で何とか本来の姿を現してくれそうです。


池には訪れる人もなく

冬の池にはカワセミも見えなくなり

いいねえ、静かで。

 

久しぶりに、夕飯のお茶漬けにおかずが付くぞ。

クレソンだ。

 

帰り道にはネコが絡みついて、連れて帰っちゃうぞ。

 

 

帰ったら温室の屋根に氷が。

いやーねえ。

 

 

 

 


ようやく開花

ペルシカムhyb×ローフシアナム

1輪だけですが。

 

 


今日の掲載品

ペルシカム’タイルバーンカルパトス’より

赤花の出現率はかなり低いです。

3565.JPG

 

3563.JPG

 

ヘデリフォリウム’シルバーシールド’

葉型が整っています。

3561-1.JPG

 

スーダベリカム ロゼウムより

3557.JPG

 

白色に少しピンクが入っています。これから

どのように変化するかは分かりません。

3557-2.JPG

 

ミラビレ CSE03048T トルコ産由来

 

続きは夕方。


今日のお勧めはコンフューサム

CSE94217 クレタ島 Topolia産由来

クレタ島 Polirrinia産由来

Ashwood からのものもあります。

 

大分、本来の葉模様が見られるようになりました。

 

 

今日のヘデリフォリウムのお勧めは

 

手持ち最後の MELJ95068

 


園芸用培土に播いてみた

野菜・花用の園芸培土に播いてみた。

タキイ・サカタとも試したが、これはどちらのものか?

昨年12月30日に播いて放置。

追肥、液肥等を与えず、水遣りのみ。

 

季節外れに残っていた種子を買って播いたのですが

育っていますね。

 

ヘデリフォリウムMIX 海外種子

PC080004.JPG

 

PC080003.JPG

 

PC080001.JPG

 

これは、今年8月27日に播種。自家採種種子。

用土は鹿沼土中心、マグアンプKを少し混ぜて。

新鮮なタネを播き時に播いているので。

PC080014.JPG

 

ついでに

葉に著しい特徴のないピューターリーフですが

 

花はきれいで

バイカラー(ピコティ)

 

ただ、播き過ぎても。

1株からこれだけ播くと、後が心配。

 

でも、期待の持てる葉も。

パープルセンター

PC080010.JPG

 

PC080012.JPG

 

親がまったくわからないのですが、きれいなピューターリーフです。

PC080024.JPG

 

これはセンター系から

PC080025.JPG


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM