<< 育苗連結ポットに植えたら | main | 夏の水やり >>

夏越し

十数年前の手引きでは球根を入手したら桐生砂、日向砂などの粗い砂に埋め込んでおくとあります。

おそらく、乾燥球根を入手した場合を想定しているのではないかと。

 

浅鉢を用い頂部が隠れる程度に覆土、

用土は乾き気味にしてわずかに湿らしておく。

水は用土の表土が完全に乾いてから数日後に十分に与え、以後表土が完全に乾いて

表土下に少しでも湿り気がある場合は水を与えない。

7月〜9月に芽が見え始めたら鉢上げを行う。

粗い酸性土の用土に、腐葉土、骨粉を混ぜる。化成肥料やその他の肥料は用いない方が良い。

 

自身、今まで7〜8月に植替えを行っていたのですが、根の伸長が始まっており傷める心配が

あるため、5月に植え替えるようになりました。

ただ、不安もある訳で、夏を迎える前に腐葉土、肥料を加えるのは相当なストレスではないかと。

夏の間は桐生砂、日向砂等の軽石に植え、芽が見え始めたら好みの用土に植え替えるのは

株にとっては良いのかも知れない。手間が掛かるけれど。

 

昨年、5月に日光砂、日向砂のみの用土に植えて見たが、小苗の場合は、もう少し保水性のある用土を混ぜた方が

良いようです。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM