<< やっぱり望遠がないと | main | 早くも渋滞 >>

夏の水やり

株の大きさもまちまちで、なおかつ、いろいろな種類が

数多く雑多に置いてある環境では水やりは難しいもので、

ほぼ週1回と決めていても、やはり、いくつかをその都度

確認して今日は必要ないとか考えるわけで。

 

要は1週間1回と一概に決められるものではなく

感覚的に覚えてゆくものではないかと。

用土の違い、置き場所によってもかわってくるもので。

 

とりあえず、砂利を除いて見ると、まだ多少の湿り気があるから

良いかと。動きが見られる株もあり安心するわけです。

写真では随分湿っているように見えますが

暗いところで撮っているので。

P8060001.JPG

 

夏になっても、いまだ消えない葉もある中で

P8060007.JPG

 

P8060003.JPG

 

P8060009.JPG

 

新たな葉も伸び始め、休眠明けには早いものの、

見えないところでは動きがあるものも。

P8060010.JPG

 

P8060008.JPG

 

P8060005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM