チシマウスユキソウ

たまたまDIYショップにあったので買ってみた。

とりあえず24時間クーラーの店に置いておく。

 

国内で自生しているようなのだがパスポートなしでは

行けない所なのでお金があっても行く気はまったくない。

 

もっとも、これは栽培品で要は園芸品。

果たして来年咲かせることはできるのでしょうか。

P8150006.JPG


鉢増し

海外種子から、

何年も掛かってようやくここまで。

IMG_9921.JPG

 

どのような色の花が咲くのか。

IMG_9918.JPG

 

おそらく白花は咲かないのではと。

P8150005.JPG

 

P8150003.JPG

 

P8150001.JPG

 

16年仕入れ品。球根が小さく一旦2号ポットに植え替え、

2.5号に鉢増し。

P8150002.JPG

 


何だ?

温室を撤去しようとしたら切り株から。

猿の腰掛のような

IMG_9914.JPG


さて何でしょう

すべて異なる種、若しくは交配種です。

P8080001.JPG

 

P8080002.JPG

 

P8080003.JPG

 

P8080004.JPG

 

参考:コウムでも平べったい形の球根を持つものもあります。

P8080005.JPG

 

P8080006.JPG

 

根が

P8100005.JPG

 

同じ種をもう1株

P8100004.JPG

 

面白いのでもう1株

P8100003.JPG

 

P8100002.JPG

 

これだけでは何だか

P8100001.JPG

 

2株植わっていることよくあります。

P8080005_1.JPG

 

P8080003_1.JPG

 

P8080002_1.JPG

 

P8080001_1.JPG

 

P8080004_1.JPG

 

割と太い根です。

 

どこから根が出ているのか

 

 

 

 

 


感謝感激

先日の山旅でお会いした方は、

何と87歳。

花が好きならご案内しましょうとのことで

あまり人が歩かない場所に連れて行ってくれた。

 

このように危険と注意書きのあるところでも

私より速くすたすたと歩き

P7310519.JPG

 

お蔭でヒメウスユキソウの他、分布の少ないイワヒゲを

見ることができた。大変感謝です。

 

聞くと地元の方で、何度も来て美化のためゴミを拾ったりしている

そうだ。

一緒に来られた娘さんが作った美化啓発カード。

頂いてきました。

来年も来るので、またお会いしましょうとお別れしました。

今度は極楽平。

IMG_9909.JPG

 


またタネ配るかな

朝の体操で配ったシクラメンのタネを播いて

ようやく開花したとの話をいただきました。

ここに越してから4年経つのか。早いね。

冬にはコウム開花の話が聞けるかな。

IMG_9907.JPG

 


暑いですねえ

山小屋ではストーブの前に居ましたが。

 

郵便局から配送料の見直しについて電話がありました。

この数か月配送がないのでとのこと。

休眠期はお休みしているが秋から再開することを説明。

何とか現状維持で。

やはりシクラメンのみの通販では辛いですね。


黄色い花 間違いがあるかも知れませんが

黄色い花はいくつかの種類があります。

ミヤマキンポウゲは花茎が他より長いとか

シナノキンバイは他より花弁が大きいとか

他の種類が皆同じ場所に揃っていれば比較できますが

そのような相対的なことではなく絶対的な特徴を

探して見ました。

 

ミヤマキンバイ バラ科

花弁は黄色、基部は濃色。

葉は3出複葉で鋸歯がある。

バラ科ですが、がく筒は平たん(ぼやけていますが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミヤマダイコンソウ バラ科

大きな掌状葉が特徴。

写真がぼやけているが、バラ科の特徴であるがく筒が確認できる。

(花弁付け根の膨らみ)

 

 

 

シナノキンバイ キンポウゲ科

花は橙黄色。

花茎の花弁付け根を確認するとガク片が見当たらない。

これはガク片が花弁のように変化しているため。

 

 

 

 

 

ミヤマキンポウゲ キンポウゲ科

花に光沢がある。

葉は3つに深く分かれ、さらに細くいくつかに分かれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


木曽駒ヶ岳 2019.07.30〜07.31

コマウスユキソウを訪ねて

木曽駒ヶ岳周辺を散策。

極楽平は次回に回し。

開花状況は1週間早ければもっと良かったかも。

 

P7310420.JPG

 

P7310479.JPG

 

P7310419.JPG

 

P7310480.JPG

 

P7300229.JPG

 

P7300228.JPG

 

P7300227.JPG

 

P7300225.JPG

 

P7300220.JPG

 

P7300219.JPG

 

P7300217.JPG

 

P7300216.JPG

 

P7300215.JPG

 

P7300214.JPG

 

P7300126.JPG

 

P7300125.JPG

 

P7300037.JPG

 

 

 

これからが最盛期のコマクサ

P7300045.JPG

 

P7310274.JPG

 

P7310365.JPG

 

P7310371.JPG

 

P7310373.JPG

 

P7310376.JPG

 

P7310377.JPG

 

P7310379.JPG

 

規則的に並んでおり、人為的に植えられたものと想像される。

P7310380.JPG

 

木曽駒ヶ岳 頂上山荘 日の出

P7310262.JPG

 

P7310264.JPG

 

P7310268.JPG

 

P7310270.JPG

 

P7310271.JPG

朝食


そして頂上




ブロッケン現象

P7310296.JPG

 

P7310298.JPG

 

P7310301.JPG

 

P7310302.JPG

 

P7310322.JPG

 

木曽御嶽山

P7310337.JPG

 

乗鞍岳

P7310336.JPG

 

甲斐駒ケ岳〜北岳〜間ノ岳

P7310330.JPG

 

イワツメクサ

P7300061.JPG

 

P7300062.JPG

 

イワヒゲ

 

 

ウラジロナナカマド

 

オヤマノエンドウ

 

キバナノコメノツメ

 

クロトウヒレン つぼみ

 

クロユリ

 

コイワカガミ

 

 

コバイケイソウ

 

 

ショウジョウバカマ 花後

 

タカネグンナイフウロ

 

タカネツメクサ

 

 

チシマギキョウ

花は横向き、花先内側に毛が生えるが、イワギキョウは上向き、

毛もないので区別がつく。

 

 

 

チングルマ

 

 

バイケイソウ

 

 

ハクサンイチゲ

 

 

ハクサンシャクナゲ

 

 

ヒロハユキザサ

 

ミヤマアキノキリンソウ

 

 

ミヤマシオガマ

 

ミヤマハタザオ

木曽駒ケ岳では1ケ所のみ生育しているようだ。

たまたま鳥がタネを運んだか、靴の底に付いて来たか。

 

 

 

 

モミジカラマツ

 

ヨツバシオガマ

 

 

コケモモ

P7310460.JPG

 

P7310456.JPG

 

P7310454.JPG

 

アオノツガザクラ

P7310444.JPG

 

P7310442.JPG

 

ツガザクラ

P7310390.JPG

 

P7310388.JPG

 

P7310386.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

イワヒバリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


明日も土を買いに行かなくては

今、寺から電話があり、聞いたら除草剤の効果で

雑草は目立たないようで、2週間仕事に行っていないけれど

大丈夫の様子。

 

とりあえず、植替えに専念。

こちらが本職だけれどもね。

 

以前、グラエカムホワイトは人気がありましたね。

あの白色は他の種にはない色と言う思いもありますが。

置き場の問題で、

9cmポットから7.5cmポットへ。

P7250005.JPG

 

P7250006.JPG

 

ヘデリフォリウムもちょっと無理やりかな。

7.5cmポットへ。

P7250004.JPG

 

これも

P7250003.JPG


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM